handtomouse


"恩送り(おんおくり)とは、誰かから受けた恩を、直接その人に返すのではなく、別の人に送ること。"
— 2 days ago with 1468 notes
"

157  ワルサーWA2000(新潟県) :2010/07/19(月) 23:12:32.77 ID:TtXjabo/

普通学級でやってけない知能程度の子供はな
簡単な算数の計算もできないんだよ
「1000円持ってスーパーに買物に行きました。300円と400円のおかしを買いました。
お釣りはいくらでしょう?」

引き算が出来ないんじゃない。買い物という概念が理解できない
そういう子も親が死んだら自立しなきゃいけない
根気づよく買い物の仕方や貨幣の価値を教えたり
自分で身の回りのことができるようにミシンかけや他人との距離のとり方、
人前では挙動不審にならないようになどを教えるのが特別支援学校

普通学級なんぞ通っても絶対不幸になるだけ。

266  洋菓子製造技能士(新潟県) :2010/07/19(月) 23:41:15.46 ID:/VVRkmRU
»157
結局この考え方が一番正しい。

暗黙のルールとか根気よく粘り強く教えるのが
その子にとって一番いい。

英語とか数学とかさぁ教えてもなんの意味もない。

夢とか糞食らえだ。
"
— 2 days ago with 1219 notes
"主役を降りて脇役、裏方に徹するって思考に変わると、人生がとても楽になる気がします。少なくとも、僕は楽になりました。

趣味だったテレビゲームも、自転車ツーリングも、歌やギターも、ぜーんぶやめました。

好きな服も買わなくなりました。旅行にもいきません。

その金で子供の服を買い、子供に習い事をやらせてます。

なにもかも完全にやめたわけではないですが、「脇役」の立場をわきまえてやっています。"
— 2 days ago with 54 notes
"

アトピー性皮膚炎の原因として、皮膚のバリア機能異常やストレスの関与などさまざまな原因が推測されているが、不明な点が多い。一方、アトピー性皮膚炎の発症は先進国で多く、発展途上国で少ないことがわかっており、この違いについては寄生虫感染がその原因の1つと考えられている。

今回の研究では、湿疹を発症するマウスに寄生虫(マラリア)を感染させ、経過を観察したところ、マラリアの感染症状が進むにつれ、アトピー性皮膚炎の症状が改善されたことが確認された。

"
— 2 days ago with 73 notes
"昔、若気のいたりで京都でも名の知れたお寺の住職さんの愛車に「Fワード!キリスト」なんて下品な落書きをマーカーで書いてバレた事がありました。
そのとき住職様は怒りもせず(呆れてたのかも)「落書きというものは、目立たないところに、時の政治批判を書きなさい。落書きはいつの世も目立ちさえしなければ本や新聞のように弾圧もなければ書きかえられる事もない。後の世の人間が書き換えられた歴史でなく真実の歴史を知る手掛かりになるのだから」と諭されました。
本当の意味でありがたいお話っていつまでも心に残るものです。"
— 2 days ago with 540 notes
"

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2005/11/03(木) 13:26:34 ID:KbQKzbZP0
父「お前はガチャポンで当たったんだ。
『本当はレーザーポインターが欲しかった』んだけどな。」

33 :1:2005/11/03(木) 13:41:22 ID:KbQKzbZP0
親父は物凄い肌が黒くて、小さいころ凄く憧れた。
自分も親父みたく黒くなりたい。と思い、
親父に「どうやったら黒くなれるの?」と聞くと
「これは、コーヒーのおかげだ。俺は毎日コーヒー飲んでるからな。
 ブラジルの人も真っ黒だろ?あれはコーヒーのおかげだ。
 お前は牛乳ばっかのんでるから白いんだ。」
と言われた。それから毎日コーヒーを飲んだ。

39 :1:2005/11/03(木) 13:43:28 ID:KbQKzbZP0
母親が最近牛乳を飲まなくなったと不審に思い
問い詰めてきた。理由を話すと爆笑された。今でも覚えてる。
それ以来コーヒーは嫌いです。

46 :1:2005/11/03(木) 13:49:16 ID:KbQKzbZP0
親父は仕事柄(スポーツインストラクター)筋肉が凄い。
よく力こぶを見せてくれた。子供心にあまりに不自然だと思ったので
「何が入ってるの?」
とたずねたところ
「レモン」
という答えが。しばらく親父が不気味で近寄れなかった。

50 :1:2005/11/03(木) 14:00:01 ID:KbQKzbZP0
かつお節は生きていると言われ、お好み焼きで実践された。
「ほら、苦しい苦しいって言ってるぞ。」の言葉に血の気の引いた私は
かつお節をつまんでは投げ、つまんでは投げ
「なんでこんな事するの!?なんで!?」とわめきちらした。
今思うとかなりの馬鹿だった。

65 :1:2005/11/03(木) 14:15:10 ID:KbQKzbZP0
思い返すとまだまだあった。
正座をして足がしびれていた時、親父に相談。
「ああ、足がコーラになったんだな。水につければコーラが出来るぞ。」
迷うことなく洗面器に水をなみなみ張り、足を着けた。
しびれがとれていくと
「ああ、コーラが染み出しているんだな。」
とワクワクした。色が変わらないのが不思議だったが、飲んだ。
水だった。

69 :1:2005/11/03(木) 14:19:57 ID:KbQKzbZP0
「パセリを頑張って育てるとブロッコリーになる。」
パセリが嫌いだった私は、
「ブロッコリーなら食べれる!」
と、夕食にパセリが出た時母に
「ブロッコリーにして食べるから!ブロッコリーにして食べるから!」
と泣きながら祈願した。私の熱意に押された母は
一度だけ育てることを許可した。
私が次の日に見たものは、植木鉢の上でしなびたパセリだった。

89 :1:2005/11/03(木) 14:37:54 ID:KbQKzbZP0
サンタクロースは毎回変なものを置いていった。
一番ショッキングだったのは、
朝起きて、枕元にはちくわが一本だけだった時。
何かの間違えだと思い親父に講義(サンタが父だってのは知っていた)
親父が一言「かじってみな。」
泣きながらかじると、図書券3万円分が入っていた。

102 :1:2005/11/03(木) 14:45:40 ID:KbQKzbZP0
ディスニーランドへ行く時
「やつらとは長い付き合いなんだ。」と親父。
現地に行くと確かに、やたら馴れ馴れしく接する親父とキャラ達
子供心に「やっぱり親父は凄い人なんだ・・・。」と憧れたが
よくよく考えてみると、彼らは誰にでも馴れ馴れしいよね。

109 :1:2005/11/03(木) 14:49:45 ID:KbQKzbZP0
やつら呼ばわりだった。
話しかけに行く時も「よお!元気か?」
まるで学生のノリ。

132 :1:2005/11/03(木) 15:15:34 ID:KbQKzbZP0
回転寿司屋で、キラキラした金のお皿に乗ったマグロを見つけた。
さぞ美味しいんだろうと手を伸ばすと
「これは飾り物だから触ったらいけない。」
と言われて渋々あきらめた。
しかし、ちょうど向かいのお客さんがそれを食べているのを見て
抗議したところ
「あの人は歯が強いんだね。ほら、ボリボリいってるよ。聞こえない?」
とはぐらかされた。

181 :1:2005/11/03(木) 17:31:13 ID:KbQKzbZP0
これまで書き込んできたことについて、親父と話してた。
「はっはー!お前が子供生んだら、使ってもいいぜ。
 使用料は孫の笑顔でいい。」
あんたの娘で良かった。
気分が良いのでこれから私のおごりで外食してきます。(・ω・)ノシ

"

コピペ運動会 - No.5408 親につかれたひどい嘘

娘だったのか!

(via hisaruki) 2008-12-28 (via gkojay) (via oosawatechnica) (via jinakanishi) (via gkojax, pdl2h) 2009-08-07 (via gkojay)

(via ryuuya) (via nezzz) (via fukumatsu) (via konishiroku) (via fyfyfy) (via petapeta) (via noriichi)

(via tady) (via ryuicostaworld) (via nanikano) (via moonage) (via moja-moja)

(via xlheads) (via yellowblog)
— 2 days ago with 4344 notes
"

親が自分の要求を満たすことだけにかまけている家族を「自己愛家族」と呼びます。本来は親が子供の自己愛を満たさなければならないのに、自己愛家族では親が子供に自分の自己愛を満たしてもらおうとしています。日本では当たり前となっている、この役割を逆転させている家族は子供を心理的に虐待しています

"
— 2 days ago with 107 notes
"

かつて、帝国海軍でも、きわめつきの情報将校だったという人の話を、随分前ですが、聞いたことがあります。その人は、ヨーロッパの大使館に駐在武官として赴任しつつ、大きな諜報網を組織していたというのですが、その情報活動の大きな部分というのは、現地の新聞雑誌を、克明に読むことだった、と聞きました。

つまり、普通に駅などに売っている新聞を毎日買ってきて、しっかりと読む。それが何よりも大事だというのです。

このように聞くと、諜報活動という言葉から浮かぶイメージと大分違うのですが、それが大事で、もちろんエージェントも使うし、情報を盗むような危ない橋も渡るのだけれども、しかしいずれにしろ、その活動の基本は、どこにでもある、誰でも入手できる情報をしっかりと把握しておくことだというのです。

というのも、エージェントによってもたらされた、貴重な情報というのも、どうしてそれが貴重なのかは、基本的な社会なり政治、経済の認識というものがきちんと出来ていないとわからないのです。

スパイ小説などと違って、現実には、秘密基地の写真などというものが本当に貴重な情報としてやりとりされるのではないのですね。本当に貴重な情報は、一見地味なところにあって、それを貴重と見抜くための努力の方が、情報取得よりも数倍も大変なのです。

たとえば、この人の経験だと、一九三八年くらいに、イギリスからオランダに輸出された馬をドイツの業者が大量に買いつけている、という話を貿易業者から得た。この情報から、彼はドイツの開戦意図を察したというのです。

というのも、当時からドイツの機甲師団は有名で、広く宣伝されていました。しかし、実際には戦車はあるものの、弾薬や食料を運ぶトラック等はまったく準備されていなかった。そういうルポが、なんとドイツの雑誌に、小さく出ていて、はやく機械化を急がなければならない、といったことを訴えている。

その記事に彼は着目していたわけです。そう考えると、ドイツが攻勢に出るためには、トラックに代わる軍馬が是非とも必要なわけですが、いよいよその調達に乗り出したのだ、ということがその情報からすぐわかる。

つまりは、何が貴重な情報なのか、ということがわかっていない人間にとっては、どんな情報もまったく無意味なのであって、まず大事なのは、その貴重さを見抜くための蓄積なのです。

"
「ひと月百冊読み、三百枚書く私の方法2」 福田和也 (via kojiroby-quote) (via kojiroby) (via etecoo) (via itokonnyaku) (via mnak) (via wideangle) (via nagas) (via inhouseneet) (via hisaruki) (via yaruo) (via shinoddddd) (via nemoi) (via darylfranz) (via hirotamaki) (via flatmountain) (via zaiga) (via sierra7) (via petapeta) (via mekarauroko) (via wataruuu) (via halfdry) (via scrapad) (via toshikin3) (via tommby) (via shinjihi) (via hohou) (via kaeruto) (via takaakik) (via horiesatoshi) (via petapeta) (via yaruo) (via deli-hell-me)
— 2 days ago with 1154 notes
coromegane:

2014/8/1
態度や身のこなしは大変さっそうとしつつも、着ている服が思いっきり裏返しの人がいた。
ワンピースはなかなかスッと直すわけにもいかないから大変だ。

coromegane:

2014/8/1

態度や身のこなしは大変さっそうとしつつも、着ている服が思いっきり裏返しの人がいた。

ワンピースはなかなかスッと直すわけにもいかないから大変だ。

(via deli-hell-me)

— 2 days ago with 321 notes
"君が人を好きになった時に取るべき最善の方法は、その人のことをきちんと知ろうと目を凝らし、耳をすますことだ。そうすると、君はその人が自分の思っていたよりも単純ではないことに気づく。極端なことを言えば、君はその人のことを実は何も知っていなかったのを思い知る。 『映画篇』金城一紀著/集英社"
— 2 days ago with 457 notes
"ほとんどのいじめは「ここは小さな自分たちのオキテが通用する場所なんだ」という安全確認がすんだ状況で行なわれる。"
— 3 days ago with 815 notes
"電車で将来は理系に行きそうな賢そうで垢抜けない顔をした中学生男子が「アンパンマンは顔にアンコがギッシリ詰まっているならば、アンコの重味であの顔の丸さは保てない、もっと下に重心が来て歪んでいくはずだ」と女の子に早口で語っていて、モテないんだろうなと思った。"
— 3 days ago with 890 notes
"

私は日本の大名と何十万、何百万の取引きをしたことがある。しかし、ここで強くいっておきたいことは、ワイロは一銭も使ったことがない(中略)日本固有のサムライの心意気でやったということ、これだけは特筆大書してもらいたい。徳川幕府の叛逆人のなかでは、自分がもっとも大きい叛逆人だと私はおもっている。

  徳川幕府に対する最大の叛逆人とは多少の誇張とおもいこみはあるだろうが、グラバーは、徳川幕府を倒したのは、薩摩藩でもなければ長州藩でもなく、グラバー個人だと自負しているのである。もっと具体的にいえば、グラバーが討幕勢力に売りまくった武器弾薬、艦船が260年あまりつづいた幕府を滅亡させたと、分析していたのであろう。
  要するに武力討幕に徹底的にこだわり、薩摩、長州、土佐などの尻を叩きまくったのがグラバー自身だったのは事実である。その場合、グラバーがヨーロッパの最新式の武器、艦船を扱っていたことが最大の切り札になった。
  グラバーは血の気の多い男だったといわれる。グラバーの背後にひかえるヨーロッパの武器商人にとって、アヘン戦争終了後の市場は日本だ。日本に国内戦争が起るために必要な条件は、薩摩と長州両藩が反幕府のために結束することだ。そう考えたグラバーは、武器取引きをつうじて知り合った龍馬を利用することをおもいついた。土佐藩脱藩者の龍馬なら、藩の枠をのりこえて自由に動ける。
  グラバーは、おそらく龍馬を陰に陽に援助したにちがいない。薩長連合成立のため、龍馬は奔走した。ところが、その過程で龍馬は大きく成長して、個人の身で時代を転換させようという野心をもちはじめ、「船中ハ策」を練り、いきづまった政局を打開するためには大政奉還以外にないと主張しはじめる。
  グラバーにとって、龍馬はもはや邪魔者でしかなかった。ビジネスの障害物でもある。
  龍馬を、ただちに処分すべし。
  グラバーは、その意向を島津久光につたえた。久光も、グラバーと同じ立場にあった。
大量の武器を購入した薩摩藩は、国内戦争がなく、武器が使用されなければスクラップにせざるを得ない。そのうえ多額の債務だけが残ることになる。
  久光は、龍馬暗殺の指示を、ひそかに西郷隆盛に出したと推論できる。当時、鹿児島にもどっていた西郷は腹心の中村半次郎にその指示をつたえた。
  半次郎は、土佐藩に協力をもとめた。その頃、海援隊と陸援隊の対立から藩内が分裂し、深刻な対立抗争が生まれていたことを苦にがしくおもっていた山内容堂は、龍馬、中岡慎太郎の暗殺を認めた。
  薩摩と土佐藩連合による暗殺決行。暗殺は、新撰組によると擬装したが、それが破綻すると京都見廻組の今井信郎を犯人の1人にしたてあげ、見廻組の犯行にみせかけようとした。
  この工作にもっとも貢献したのは、土佐出身で司法大輔の佐々木高行であろう。維新後、参議兼工部卿、枢密顧問官などを歴任した佐々木は、今井信郎に禁固5年の判決をいい渡したが、実際には3年という軽いものだった。
  すべてを知る西郷は、その後、西南戦争で死亡した。
  グラバー商会は、明治3年(1870年)8月、倒産する。負債総額、約50万ドル。
  グラバーが懸念したとおり、戊辰戦争は大規模な国内衝突にならず、明治維新で各藩の財政事情は苦しくなり、大量に買いつけた武器の借金返済がほとんど不可能になり、おまけに戦争が短期間で終ったため、武器、艦船が大量に売れ残り、長崎の大浦倉庫に山積みされたためだった。
  けれども、グラバーが援助した志士たちは政府高官になっている。彼らの庇護のもとで、グラバーは明治44年に死去するまで、政財界に隠然たる影響力をもちつづけた。

"
— 3 days ago with 256 notes
"より機動的な組織をつくるためには、慣れでどうにかしているベテ
ランの意見より、不慣れな新人が「やりにくい」と感じた違和感の
ほうを重く受け止めるべきだ"
— 3 days ago with 1408 notes